ようこそ、STARDUSTへ

 

映画を中心に、アニメ・コミック・声優などについて書いています。

どちらかというと、内容より翻訳(字幕)に触れていたり・・・。

 

携帯からもお読みいただけます。

URLは同じ、http://star.dust.jp/ です。

 

 

- 以下最新記事

Battleship(バトルシップ)

バトルシップとは戦艦のことである。 

 

世界14カ国の海軍将兵2万人が参集する環太平洋合同演習(RIMPAC)がハワイ、パールハーバー近くで開催されていた。 

 

その時、宇宙人がハイパーテクノロジー兵器で地球にやってきた。 

途中で人工衛星と衝突した通信機は、お約束通り香港を直撃し、残りはハワイ沖に着水した。 

 

調査に向かう3隻の駆逐艦は、バリアーによって外界と遮断されてしまう。たった3隻で戦わなくてはならないのだ。 

米軍2隻、海上自衛隊の護衛艦妙高の運命は? 

 

 

一番のクライマックスは書かないで置こう。 

 

日本的に言えば、最大のピンチに「こんなこともあろうかと整備を済ませておいた」戦艦ヤマト(あえてカタカナにしてみた)が敵を殲滅するような展開・・・のような感じかもしれない。 

 

アメリカの男の子が大好きなもので固めたような映画であり、日本の男の子もかなり楽しめる。 

ベテランに対する思いが日本は弱い。 

アメリカにはベテランズ・デーがあるくらいなのだ。 

ちなみに、ベテランとは退役軍人のことである。 

 

これも日本的にすると、電車が動けなくなったので、博物館のSLを国鉄OBが動かしてピンチを脱するようなものだ。 

ほぼネタバレだが・・・ 

 

 

特筆すべきは日本の立場である。 

最初は反目しあっていた主人公と自衛隊のナガタだが、信頼しあうようになる。 

旗の位置だって、日米が真ん中だ。 

セリフに日本語もあり、ミフネ並みの待遇である。 

また、昔あったような、日本人が観て違和感を感じる部分もない。 

 

逆に、漂流物に対し「中国人(のカーゴ)?」とか、攻撃(バリアーに衝突だが)されて「北朝鮮だ」などと言っている。 

 

この理由として、ひとつは真珠湾攻撃が過去のものであり、今は重要なパートナーだということがある。 

戦争は終わった、The War is Over なのだ。 

 

もうひとつは、日本が映画興業に占める割合が高いことにある。 

 

アメリカ映画興行収入の3割がアメリカ、2割強が日本であり、半分以上を2国で稼ぐのだから当然だろう。 

「スピード・レーサー」はタツノコプロの「マッハGoGoGo」の実写化だが、予想の通り大ゴケした。 

日本人が観ても面白くない出来だったからだ。 

というか、アニメからの実写化で成功したものの記憶がないのだが。 

 

DVD・ブルーレイの収益も日本は高い。 

中国・韓国では海賊版や違法ダウンロードが多く、ほとんど収益が得られないそうだ。 

上映時も上映後も、日本のマーケットは無視できないのである。 

 

 

日米の軍事演習が実際に行われている。 

尖閣諸島問題にからんだものだろう。 

ただ、この映画を観てから竹島の姿を見ると、何となく似ているように思う。 

ともあれ日米の演習の際に、「バトルシップ」を観ると演習もスムーズに行くのではないだろうか。 

 

 

中国や北朝鮮・韓国が観ると不愉快な映画かもしれない。 

 

だが、日米の男の子なら絶対に楽しめる作品である。 

お約束のオンパレードで、男の子の好きなもの全部入りなのだ。 

もちろん女性も活躍するし、ラブコメ的な要素もあり、多分楽しめるだろう。 

 

何やら海上が騒がしいが、空母や駆逐艦がどういうものが観ておくのもいいかもしれない。 

 

The Diva Dance from The Fifth Element

 フィフスエレメントは無敵のブルース・ウィリス(スティーブン・セガールよりは下か)とミラ・ジョヴォヴィッチ主演の1997年の映画である。 

 かなり良い。 

 ミラ・ジョヴォヴィッチが可愛いし。 

 

 その中に「ディーヴァダンス」(The Diva Dance)という音楽が出てくる。 

 異星人(地球外生命体)の歌姫、ディーヴァ(Diva Pravalaguna)のオペラハウスでの歌なのだが、ディーヴァダンスは後半というか最後の部分を指している。 

 

 この歌は、ガエターノ・ドニゼッティ作曲の歌劇「ランメルムーアのルチア」(Lucia Di Lammermoor)、第二場第二幕「狂乱の場」のアレンジである。 

 ちなみに「狂乱の場」は、英語では「The mad scene」という。 

 歌ったのはアルバニア出身の歌手インヴァ・ムラ(Inva Mul)という。 

 コソボ出身でアルバニアの歌手である父、アヴニ・ムラ(Avni Mula)のAvniを逆にして付けた名前で、フィフスエレメントのクレジットには「Inva Mulla Tchako」となっているが、チャコは夫の姓で、映画以降は使っておらず、しかも、Mullaは誤植である。 

 

 歌の8割は実際の声で、残りは誰でも気づくだろうが、サンプリング音声が使われている。 

 あんな声(音飛び)が人間にできるはずがない。 

 

 なお、映画中では異星人なので、実際にそう歌えると思って観ないといけない。 

 

  

 狂乱の場は、望まない結婚をさせられそうになり、夫となる人を刺し殺して歌う場面らしい。 

 凄い展開だが、これが実話をモデルとした小説をオペラにしたというのだから、もっと凄い。 

 返り血を浴びて気が触れて(だからmad)歌うのだ。 

 

 これはディーヴァが最後に撃たれて、緑の体液(血液)に塗れることも暗示しているかもしれない。 

  

 なお、ランメルムーアのルチアを観てもディーヴァダンス部分は残念ながら出て来ない。 

 当然だが。 

  

 

 話が飛ぶが、体操競技にウルトラCというのがあった。 

 技に難易度を設け、どれだけ凄いのかが分かるようになっているのだ。 

 たとえば正式名称を「Tsukahara」という月面宙返り(ムーンサルトは和製英語)がある。 

 日本の塚原選手が最初にやったから「Tsukahara」だが、当時は度肝を抜かれたことだろう。 

 が、今では床でも普通にやる技になっている。 

 今の最高難度はF。 

 ウルトラCというのは普通難度なのかもしれない。 

 

 それと同じように、ディーヴァダンスも生声で挑戦する人が当然いる。 

 まあ、ムリなのは分かっているが、どれだけ似せられるかというところだろう。 

 

  

 凄い人から凄くない人まで動画がYoutTubeにアップされているが、良さそうなのをピックアップしてみた。 

 

 Fifth Element Opera (with Diva Dance part)  

 可愛い。 

 コメントの「would you marry me?」に本人から「Sorry, already engaged! ;)」とあるのがちょっと。 

 

 Laura sings the "Diva Dance" from the Fifth Element  

 歌手らしい。 

 声は安定している。 

 

 ЧУДО ИНОПЛАНЕТЯНКА! ЕЙ 10 ЛЕТ  

 多分、10歳の少女である。 

 ディーヴァの青い衣装を着ているので、かなり色物っぽいが、上手い。 

 

  

 Diva Plavalaguna The Fifth Element FULL DANCE  

 メイキング映像。 

 グリーンスクリーンの前で踊っている。 

 

 The Consert Of Diva Pravalaguna  

 映画の映像。 

 つまりオリジナルで、これを観ないと意味がない。 

 

  

 レンタルDVDでいいから、映画を観てもらいたい。 

 

IS(インフィニット・ストラトス)

IS(インフィニット・ストラトス)は、ハーレムラブコメ・学園モノのライトノベルである。 

主人公は冴えないがなぜかモテるというのではなく、女性しか使えないIS(超兵器)を世界で唯一使える男性というのが主人公だ。 

 

まあ、内容は読んでもらうとして・・・ 

 

 

女性しか使えない」という設定なのはさておく。 

そうなのだから、仕方ない。 

 

なぜ、男性の主人公が使えるのかもさておく。 

作中でもまだ不明とされているのだから。 

 

設定されたものは、そういう世界だということだから、起こった事象も、どんなご都合主義でも受け入れるべきだ。 

そうでなければ、フィクションとはつき合えない。 

 

ただし、普通なら「こういうことがあるはずだ」というものだってあるだろう。 

そういった面が語られないのは少し残念に思ってしまう。 

 

 

ISが作られ、女性しか扱えないため女性優位の社会となり、男性はかなり縮こまって生きている。 

とはいえ、男性も仕事はしているはずだし、男性の地位向上を望む者も少なくないだろう。 

 

「ISを男性も扱えれば女性優位の社会を是正できるかもしれない」と考える者がひとりもいないはずがないではないだろうか。 

 

もし、ISが使える男性が初めて現れたらどうなるだろうか。 

作中でもニュースになったとされているのだから、関心を集めないはずがない。 

 

なぜ、男性が扱えるのか。 

それが最優先で調査されるはずだ。 

 

まずは本当に男性なのか、DNAはどうか、脳や神経の構造はどうか、神経伝達やその電気信号はどうか、などを調べる。 

学校に入るなど二の次、三の次だ。 

検査に次ぐ検査の毎日になるはずである。 

 

あるいはどこかの国、あるいはどこかのシンジケートに誘拐されるかもしれない。 

主人公は一度誘拐されたこともあるのだから。 

 

作中でも男性の方が体が大きく、力が強いという状態のまま、つまり身体的なものは変わらない。 

ISなのだから筋力の優位性は無視されるとしても、空間認識力の違いや戦闘意欲など男性がISでの戦闘に優位だと思われるものがあるのだ。 

男性がISを使えるようにしたいと思う者は多いのではないだろうか。 

 

なのに、何事もなく入学し、休日にはひとりで自宅(普段は寮生活)に戻ったりしているのだ。 

 

まあ、そうなんだから仕方ないと言われればそれまでだが。 

 

 

シャルル(シャル、シャルロット)の場合も同じだろう。 

 

この場合、転入は問題ない。 

そうなったのだから、そこを云々すべきではないのだ。 

 

問題は、デュノア社が男性としたシャルルを、フランス政府が何の検査もせず、かつ、日本への出国をさせている点にある。 

イメージだが、日本よりフランスの方が、なぜ男性がISを使えるのか徹底的に調べそうではないだろうか。 

まして、隣国にとっても、男性操縦者は垂涎の的であるはずなのである。 

なぜ誘拐してでも調べようとしなかったのだろうか。 

 

 

作中で語られたことが全てなのだから、入学でき、転入できたということになる。 

もしかしたら、裏で何か動きはあったのを、本人の知らないうちに対応が成されたのかもしれない。 

 

主人公の姉ならやりそうだし、できるだろう。 

 

デュノア社も社を挙げて虚を隠し、身柄を守ったのかもしれない。