ハーレム・逆ハーレム

ハーレムというと悪い印象を持つかもしれない言葉だが、この場合は単に主人公に対し複数の異性が集まるものを指し、通常は性的な接触(エッチ)があることはない。 

男性に対し複数の女性の場合をハーレム、女性に対し複数の男性となる場合を逆ハーレムと言う。 

 

Wikipediaの作品例を見ると、好きな作品が多い。 

ラブコメ好きだが、どうやらハーレム物が好きなようである。 

 

考えてみたら、昔から人々にハーレム物が好まれていることに気が付いた。 

 

 

ハーレム・逆ハーレムの古いと思われるものを考えていただこう。 

多分、私の考えている作品は出てこない。 

 

 

大っ嫌いな作品なのだが、紫式部原作の「源氏物語」というのは1000年くらい前のものである。 

紫式部が嫌い(清少納言派)なので、あえて原作とした。 

ほとんど読んでいないが、少なくともラブコメではなさそうである。 

 

逆ハーレムでは、「竹取物語」が古そうである。 

地球人ではなさそうなヒロイン(かぐや姫)だが、宇宙人・未来人・超能力者、動物・怪物なんでもアリの現代から見るとまったく問題がない。 

好きになったなら、それが猫の妖怪でも妖狐でもバンパイアでもいいのだから。 

 

そう考えると、動物でもいいことになるから「桃太郎」もハーレムものである。 

きび団子はともかく、喋れる犬・猿・雉なのは確かだ。 

何となく全部オスっぽいように思うから、BL(ボーイズラブ)かもしれない。 

BLのハーレム状態を何と言うのか知らないが。 

 

浦島太郎」の竜宮城こそハーレムである。 

誰から見てもハーレムそのものではないか。 

余談だが、ちょっと怖いのは、竜宮城で何を食べていたか、だ。 

場所からみてやはり魚介類が主だろう。 

昔の人なので、四足動物は食べないはずだ。 

踊っている鯛や平目を食べるなら、踊り食いということだろうか。 

せめて人の形ではなく、魚に戻ってから料理されて欲しいものである。 

 

 

海外を見ると、お釈迦様やキリストさんなどもハーレムもの(聖典・聖書)かもしれない。 

彼らを嫌う人は敵で、愛して当然という対象なのだから。 

 

ただし、そのふたりが主人公の「聖☆おにいさん」はハーレム物ではない。 

あえて分類するなら不条理ギャグ漫画。 

 

 

このように、ハーレム・逆ハーレムは普通に昔からある物語の形式なのである。 


兄弟姉妹  <前 : 次>   西洋三大モンスター